ヘーイ!ジョーだよ。ここではDが使ってるリグを紹介しよう。

Dは最近ボイリーばっかだから全部ヘアリグになってる。

もちろん今後増えていったり、改良されたりすることもあるね。

そんな時はまたジョーがチェックして修正していくよー。

 

まずは実釣の結果を受けてD的主力に昇格済みのショートリグの写真〜。各種ボイリーからコーン・大豆といった食わせまで、基本的にコイツだね。Dの奴はスノーマン用の長めのヘアや20mm一個付けのヘア、またまた20mmWベイツ用とか15mm一個用って具合に色々な長さのヘアをつくってるようだね。

 

でもってショートリグの結び方は別ページで紹介しよう>ここ

これはスノーマンの水中写真。写真みたいに水中で立つってわけだね。寄せ餌の中で食わせ餌が目立つってわけだ。ちなみにこれは20mmのボトムベイトに15mmのポップアップの組み合わせだよ。

Wベイトの写真。これは同じ種類だけど違う種類で効果2倍!とか狙ったりね。

D的最新ポップアップリグがこれ。ロングシャンクにオーバルリングを通してバーサタイルキーパーっていうルアーフィッシング用のゴム部品で遊動させてる。前に書いたD-リグは過去リグ行きみたい(Dの中で)。ボイリーの自由度が高いから良さそうだってことらしい。ボトムベイトにも応用したいってんで絶賛試験中みたいだよー。

ポップアップベイト使用の水中写真。角度はシュリンクとキーパーで調整してるようだよ。

最近はWベイツとかスノーマンでもヘアの長さが違うだけでリグは同じにしてあるようだね。違いといえばシュリンクの色が違うとか。。その程度かな。

これは普通のD‐リグだね。写真にあるOリングにボイリーを付けた糸を結んで使う物だ。特徴はボイリーの大きさを変えるときに一々仕掛けを結び変えなくていいってことかな。Dはポップアップの単品使用の時だけ使ってるって言ってたなぁ。

2006年7月・過去リグ行き

でもってベタ底の時にポップアップ単品付けで使ってるリグがこれだね。昔、鯉の水中捕食ビデオで、横ぎみから吸い込んでるってのを見てこいつを使ってるみたい。KORDA社のHPにあったリグを参考にしたって言ってたなぁ。ミソはチモトのシュリンクの角度。写真のように角度をつけて収縮させることによって、水中で針が横向きに安定するってわけだね。

※針はKORDAのロングシャンクX・サイズ1。

2006年7月・過去リグ行き

上のやつに20mmポップアップボイリーを付けた時の水中画像がこれ。確かに針は横向きになってるねぇ。またまた効果の程は不明なんだけどね。

2006年7月・過去リグ行き

そうそう、言い忘れてたけどポップアップさせる時は浮かせたい高さを考えて写真みたいにガン玉おもりを付けてるみたいだよー。